2010年03月08日

濃いピンク色の花を咲かせる樹木

昨日のブログ「美味しいカレーパンを食べに行く」の記事の中で、

濃いピンク色の花を咲かせている樹木の名前がわからなかった

のですが、やっと名前を知ることができました。


015a.jpg

この樹木は、ヒカンザクラ(緋寒桜)といって、別名をカンヒザクラ

(寒緋桜)とも言います。

ヒガンザクラ(彼岸桜)と間違えやすいので、混同を避けるために

緋寒を寒緋にひっくり返してカンヒザクラ(寒緋桜)という呼び方

に変えたという経緯があります。

よって、近年はカンヒザクラと呼ばれることが多いそうです。

カンヒザクラは中国南部から台湾にかけて分布する桜である。

日本では園芸品種とされるが、主に沖縄県で野生化し、

沖縄で「桜」と言えばこのカンヒザクラをいいます。

沖縄では1月から2月に開花し、九州などでは2月から3月にかけて

花を咲かせます。

  010.JPG  014.JPG

小倉の勝山公園の辺りにもカンヒザクラを見ることができました。


【関連する記事】
posted by porigucci at 21:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック