2010年02月26日

日本人のコレステロール値は欧米人と同水準

日本人が欧米人に比べてコレステロール値が低いと

されていたのは過去の話であることを知っていましたか。

今では日本人の血清コレステロール値はアメリカ人

と同水準といわれています。

さらに、若年層のコレステロール摂取量はアメリカ人より

男性で1・5倍、女性で2倍という状況であるから

本当におどろきです。

でも、コレステロールは人間にとって必要な成分です。

問題は悪玉と呼ばれる酸化コレステロールで、

これを体内に入れると動脈硬化を促す要因となります。

現代の食生活ではファーストフードをはじめ、

レトルト食品、加工された肉食品、インスタントラーメン、

2度揚げされたフライや天ぷらなどたくさんあり、

これらが酸化コレステロールをたくさん含んでいます。

もし動脈硬化になれば、最終的には脳卒中や心筋梗塞

を招くおそれになります。

現に、日本人の死因の約25%は動脈硬化疾患によるもの

といわれています。

ですから、血管年齢を衰えさせる酸化コレステロールを

いかに摂らないようにすべきかを真剣に考えなければ

いけませんよ!

【関連する記事】
posted by porigucci at 21:29| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック