2010年02月09日

熱いお風呂は体の芯から温まらない

寒い冬の夜は、熱〜いお風呂に入るのがいいですね。

しかし、40℃を超える熱いお湯は体の芯から温まらない

そうです。

それは体の表面の温度が急激に上がるため、

脳が温まったと勘違いしてしまうからです。

そうすると、脳が高い温度にならないように反応し、

逆に体の熱を下げようとします。

ですから、熱いお湯だとかえって体が冷めやすく

芯から温まらないのです。

体の芯まで温めるための理想の温度は38〜39℃くらいです。

初めはぬるいと感じますが、10分くらいすると、

じんわり汗が出て、お風呂から上がっても温かさを持続します。

また、お風呂に入る前に温かい飲み物を飲んで入ると

さらに体を温めます。

この時期、シャワーだけで済ませる人は多くないと思いますが、

便秘がちの人は、入浴してお腹を温めることで、

腸の働きがよくなりますよ。
【関連する記事】
posted by porigucci at 23:38| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック