2010年02月04日

諏訪内晶子がアクロス福岡にやってくる

今日の北九州市は天気がよかったものの、風が冷たく寒い

一日でした。

新年を迎えた1月はすでに過去となり、あっという間に2月に

なってしまったという感がします。

昨日は、豆まきをされましたか。

私は、今コーヒーを飲みながら節分用の大豆をポリポリと

食べながらアクロス福岡(情報誌)2月号を見ています。

     ph_201002.jpg

今月28日は、ヴァイオリニスト・諏訪内晶子(すわない あきこ)

の公演が入っています。

諏訪内晶子といえば1990年、チャイコフスキー国際コンクール

で第1位(最年少=18歳、日本人初、全審査員の一致による優勝)

を獲得して一躍有名になりました。

私はチャイコフスキー国際コンクールの直後に、九州厚生年金会館

(小倉)で諏訪内晶子を聴くことができました。

当時はチャイコフスキー国際コンクール優勝の余韻もあってか、

すごい人気でホールが満杯だったことを今でも覚えています。

あれから、もう20年も経っているなんて信じがたいです。

   41MV1JGTC8L__SL500_AA240_.jpg
   詩曲  poeme


   ec94a1909fa0ee15a6913210_L.jpg

シベリウス & ウォルトン: ヴァイオリン協奏曲


   アクロス福岡
http://www.acros.or.jp/r_event/sponsor_detail.php?event_id=2114

諏訪内晶子オフィシャル・サイト
http://www.universal-music.co.jp/classics/artist/akiko-suwanai/


諏訪内晶子 チャイコフスキー:VN協奏曲
posted by porigucci at 22:45| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック