2010年01月20日

主食は玄米で副食は野菜を食べる

西邨マユミ(にしむら・まゆみ)さんをご存知ですか。

今日、たまたま「NHKラジオビタミン」という番組で

西邨マユミさんを知る由となりました。

西邨マユミさんはあのマドンナのプライベートシェフを7年間も

勤め、2008年のワールドツアーに帯同した経歴を持っています。

西邨マユミさんは1982年にアメリカに渡り、主食は玄米で

副食は野菜を食べることを基本とし、食材や調理法のバランスを

考える食事法「マクロビオティック」を学んだのです。

その後、西邨さんは新しい食材や料理に自由な発想で挑戦し、

「食」の可能性を追求したのです。

その過程で「食べ物が血となり肉となることに気づいていない人が

多いことを知り、食の大切さを伝えたい」と考えるようになります。

マドンナのシェフをつとめたのも、「マクロビオティックを広めたい」

という思いからです。

そして、去年帰国して、実践しやすい「ゆるいマクロビオティック」

を提唱しながら、欧米化が進む日本の「食」の流れを変える手伝い

がしたいとがんばっています。

学校給食にもマクロビオティックを推進することに尽力しています。

マクロビオティックについて
http://mayuminishimura.com/about.html

西邨マユミのプチマクロで美人ごはん マドンナ・プライベートシェフ

小さなキッチンの大きな宇宙

MAYUMIの世界一の美肌レシピ―マドンナ・プライベートシェフ

ハッピー・プチマクロ 上手にデトックスして美しいカラダをつくる生き方
posted by porigucci at 22:49| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック