2009年12月06日

冬の足元はおしゃれなブーツで決まり

冬の足元はおしゃれなブーツで決まりという女性は多い。

しかし、ブーツを脱いだ後のムッとするにおいが悩みの種では

ありませんか。

ブーツを脱いだ後の独特のにおいは、表皮ブドウ球菌や

コリネバクテリウムといった細菌によって生じた脂肪酸の一つ、

イソ吉草酸が原因である。

ご存知のようにブーツは密閉されており、そのうえ足の裏は汗を

かきます。

当然、ブーツの中は湿度が高まり、細菌が繁殖しやすくなります。

対策としては、ブーツの中を乾燥させて細菌を抑えることです。

ブーツを脱いだあとは、必ず消臭スプレーをふっておき、

翌日は履かないで休ませることが大切です。

最近、柿渋やみょうばん、精油、ゼオライトなどの天然成分を

使った消臭剤の人気が高まっています。

また、備長炭や竹炭をガーゼに包んで入れておくのも効果が

ありますよ!


posted by porigucci at 23:29| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック