2009年12月04日

ブロークンウインドウ理論って知っています?

ブロークンウインドウ理論というものを知っていますか?

これはスタンフォード大学の心理学者、

フィリップ・ジンバルド教授によるおもしろい実験です。

街の中で比較的治安のよい場所に、

ボンネットを開けっ放し状態の1台の自動車と

ボンネットも開けっ放しにしたうえ、

窓ガラスを割れた状態にした1台の自動車を

1週間放置したままにしておきます。

すると、ボンネットを開けただけの自動車は、

何も変化は見られませんでした。

しかし、ボンネットを開けっ放しにして、窓ガラスも割れた状態

にした自動車は、何と、10分後にはバッテリーが持ち去られ、

続いてタイアもすべて持ち去られたのです。

さらに、落書きや破壊が行われて、

1週間後には完全にスクラップ状態にまで破壊されたのです。

この実験でわかるように、窓ガラスを割った状態をプラスする

だけで略奪や破壊される可能性が高くなります。

しかも略奪や破壊活動は短期間のうちに、

エスカレートしていくということがわかりました。

壊された窓という言葉から、

ブロークンウインドウ理論=割れ窓理論と名付けられました。

例えば、空き地でゴミや廃品などが捨てられて

汚い状態にしていると、短期間でもっとひどい状態になります。

逆にいつもきれいにした状態にしていると、

ゴミはなかなか捨てられません。

あなたのお家の周りやお部屋はきれいにしておりますか。

汚い環境にしておくと、幸運や金運が訪れません。

もうすぐ年末がやってきますが、

あなたも幸運や金運を引き寄せるために、

お部屋のおそうじをしっかりしておきましょう!
posted by porigucci at 23:22| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック