2009年10月30日

薄毛の原因は男と女で異なる

男性の薄毛は、男性ホルモンが強く働き過ぎて、

発毛信号が弱まることが原因であると考えられています。

一方、女性の場合は、男性と異なります。

一番考えられるのは、血行不良であるといわれています。

加齢による血管の衰えやストレスによって

引き起こされる血管収縮などで血液のめぐりが悪くなり、

毛根への栄養補給が充分に行われにくくなります。

また、頭皮の乾燥もよくありません。

ほかにも、紫外線やストレス、血行不良や代謝低下によって

女性の頭皮はうるおいが不足しがちになるのです。

今すぐできることは、髪だけではなく頭皮の汚れをきちんと

落とすことです。

それは頭皮に付着したスタイリング剤や乾燥によるフケなどで

毛穴が塞がれます。

それによって、1つの毛穴から2〜3本生えるはずの髪が1本に

なったり、毛穴の出口がせまいために髪が細くなったりします。

洗髪時には、必ずツボ押しをしましょう。

また、髪を乾かした後は育毛剤で保湿することをおすすめします。

【関連する記事】
posted by porigucci at 23:52| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック