2009年10月26日

茶殻を料理の素材として使ってみょう!

茶殻(ちゃがら)は、脂溶性のビタミン類をはじめ、食物繊維

などの栄養素が残っており、まるで緑黄色野菜のようです。

茶殻は軽く水を絞って酢醤油をかければお浸しになります。

ほかにも、天ぷらの衣に加えたり、レンジでパラパラに乾燥させて

ふりかけにします。

緑茶は消臭効果があるので、エビやアジのフライのソースや

魚介類のサラダのドレッシングにも使えます。

茶葉は、1煎茶の上級がおすすめです。

茶殻の簡単まぜごはんの作り方(2食分)

炊きたてごはん2食分にちりめんじゃこ(大さじ5)、

軽く刻んだ1煎後の茶殻(小さじ)を加え、ざっくり混ぜる。

茶碗に盛り、好みで追加のちりめんじゃこや刻みのりや

ねり梅などを添えると美味しいですよ!
posted by porigucci at 23:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック