2009年10月13日

松本清張記念館へ足を運ぶ

  091011 043b.JPG

  091011 037b.JPG

昨日、松本清張記念館に行ってきました。

天気もよく、マイカーを会社において小倉城まで

てくてくと歩く。

所要時間は10分ほどです。

私は小倉に住んでおりながら、松本清張記念館は初めてなのです。

気持ちのうえで、いつでも行けるという考えがあるからでしょう。

いつの日かラジオで聞いた話ですが、

長崎の佐世保に住んでいる方がハウス・テンボスに一度も行った

ことがなく、佐賀県の方は、吉野ヶ里遺跡のほんのそばに住んで

いながら、一度も行ったことがないなど、自分とまったく同じ

考えを持っている人がいるものだと納得しました。

   091011 001a.JPG  091011 003a.JPG

   091011 005a.JPG  091011 006a.JPG

   091011 018a.JPG  091011 029a.JPG

   091011 039a.JPG  091011 014a.JPG

小倉城の天守閣が再建されてから今年で50年目である。

城が再建されるまでは、城内に陸軍12師団司令部の建物が

あって、森鴎外も軍医部長として足を運んでいます。

赤い煉瓦作りの門が今でも残され、往時をしのばせる。

    091011 013a.JPG  091011 015a.JPG

今日は、祭日ということもあり県外から観光客がたくさん訪れて

いました。

今の観光バスはデザインがよく格好いいですね!

  091011 031b.JPG

  091011 036b.JPG

記念館に入ってすぐに、清張の全作品の表紙カバーが壁いっぱいに

飾られていました。

写真に収めたいと思ったのですが、残念ながら館内は撮影禁止

でした。

観光客の方も表紙カバーの壁をバックに記念写真を撮りたいと

考えていたようです。

今日は、お茶会があったのか着物姿の女性がたくさんいました。

それにしても、松本清張という作家はすごい人ですね。

先ず、字がとてもきれいです。

清張が、叔父さんに召集令状がきたことを知らせる手紙が展示

されていたが、見事な筆さばきでありました。

また、朝日新聞の広告デザイナーということもあって、写真や絵も

うまく感嘆いたしました。

ただ、うまいというだけでなく、1000冊近くの小説やエッセイ

を書いていながら、よくも絵を描いたり、取材をしたりする時間が

あったものだと恐れ入りました。

    091011 035b.JPG

館内から撮れた写真はこれ1枚である。

本当は、撮りたいものがたくさんあったのですが

撮影禁止で残念であった。

清張記念館を出た後に、小倉城内を散策する。   

  091011 053b.JPG

        091011 056b1.JPG

小倉城に展示されている迎え虎です(これはポスター)

  091011 059a.JPG  091011 055a.JPG


   091011 046a.JPG  091011 052a.JPG

   091011 048b.JPG

江戸時代につくられた灯台です。     

  091011 071b.JPG

勝山公園に設置されている照明塔です。

結局、松本清張記念館には3時間30分くらい滞在して

いたことになり、密度の濃い一日でした。




posted by porigucci at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック