2009年09月29日

白湯ダイエットってどういうもの?

女優やモデルなどの有名人が実践しているという

話題の「白湯ダイエット」はどんな方法なんだろう。

白湯ダイエットは、40〜50℃に温めた白湯(さゆ)を、

1日3〜5回、時間をかけてゆっくり飲むだけで

やせるというもの。

その効用は、白湯をすする習慣をつけることで、

胃腸をいつも温かい状態に保つことが良いと言われる。

胃腸が温かいと、消化がスムーズになると同時に、

体全体が温まります。

体が温まることによって、代謝が上がり、血の巡りも

活発になって健康的な体を保つことができるのです。


白湯ダイエットの方法

お湯は40〜50℃(水から温め沸騰させない)

朝の起床後、昼食時、夕食時に1杯(150ml)ずつ、

計3杯飲む。

約10分ほど時間をかけて飲む

食間に一口〜二口ずつ飲む。(ときどき飲むのもOK)

簡単なようであるが、ゆっくりと10分ほどかけて飲まなければ

ならず、毎日継続してできるのかがポイントですね。

「成せばなる、成さねばならず」ということでしょう。
【関連する記事】
posted by porigucci at 23:44| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック