2009年09月27日

赤煉瓦の門司港は絵になる港町

  090926 mojiko4a.JPG
  kisyo-kurokawa
  090926 mojiko4b.JPG

写真の赤煉瓦(レンガ)の建物は旧門司税関であり、

重厚で落ち着いた雰囲気を醸しだしている。

また、絵の展覧会などが催されています。

  090926 mojiko.JPG

白い窓のガラスには、故黒川紀章さん設計のタワーマンションが
映し出されている。

  090926 mojiko5.JPG

館内にはオシャレな絵画が飾られていた。

  090926 069.jpg 090926 076.jpg

  090926 079.jpg 090926 078.jpg

  090926 077.jpg 090926 071.jpg

  090926 072.jpg 090926 083.jpg

1階にカフェがあり、2階に上がる階段からステンドグラスを撮る。

玄関をすぐに入った天井に吊り下げられている幾何学模様の
シャンデリア。

  090926 mojiko2.JPG
  mojiko hotel

観光の街、門司港ではバナナフェアーが開催されています。

私は海風がそよぐ門司港を訪れるたびに感じるのは、

本当に絵になる港町であることを再確認いたしました。


posted by porigucci at 09:49| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック