2009年09月23日

感謝をこめておはぎを食べよう!

こんにちは、ポリグッチです。

きょうは、秋分の日です。

秋分の日は、春分の日と同じく昼夜の長さが

ほぼ同じです。

実際は昼のほうが少しだけ長いようです。

ですから、きょうは太陽が真東に昇って真西に沈んで

いくという記念すべき一日である。

秋分の日や春分の日の前後3日間を、彼岸と申します。

ということは、秋分の日や春分の日は彼岸の中日にあたります。

私たちは毎日、何気なく生きていますが、

それは、自然のおかげ、生物のおかげ、祖先のおかげだと

いうことを忘れてはいけません。

きょうは祖先をうやまい、自然をたたえ、生物を

いつくしむという感謝の日であります。

お彼岸といえば、私はすぐに線香とおはぎをイメージしますが、

若い人はどういうイメージなのだろう。

若い人でも家に仏壇があったり、墓参りに行かれる方は、

線香とおはぎをイメージされると思います。

春は牡丹の花が咲くことで牡丹餅(ぼたもち)、

秋は萩の花が咲くことでお萩(おはぎ)と呼びます。

では、何故お彼岸におはぎをお供えするようになった

のでしょうか。

おはぎはご存知のように小豆(あずき)でつくられています。

あずきの赤色は、災難が身に降りかからないための

おまじないの効果があると信じられてきました。

そのため、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の

供養と結びついたと言われています。

ですから、私は仏壇にお供えしたおはぎを食べること

がよいと思っています。

もし、あなたがおはぎを召し上がることがあれば、

おはぎに感謝をこめて食べてください。

心が何となく気持ちがいいですよ。

   090924 027a.JPG
  (クリックすると拡大します)

ところで、あなたは萩の花を見たことがありますか。

萩の花は街のどこかに咲いているので、機会があれば

萩の花もぜひ観賞してみてください。

では、きょうも明るく元気で過ごしましょう!

posted by porigucci at 15:04| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック