2009年08月26日

アーモンドは腸の善玉菌を増やす

アーモンドはミネラルやビタミンEが豊富であることは

よく知られています。

最近の研究によると、腸の善玉菌を増加させ、腸の健康を

助けるプレバイオティクス的な効果があるようです。

プレバイオティクスとは、腸内で善玉菌の餌になって、

善玉菌を増やす食品のことです。

あなたもご存知のオリゴ糖がその代表です。

腸内細菌を分析する場合、よく用いられるのが排泄した便を

調べることです。

ある研究機関で、採集した便の中にアーモンドの粉末を入れた

場合と何も入れなかった場合に比べてビフィズス菌をはじめ

とする善玉菌が増加することが証明されました。

また、善玉菌の数から悪玉菌の数を引いた値をプレバイオ

ティックスの指標として用いたところ、オリゴ糖を入れた場合

よりも、アーモンドを入れた方がプレバイオティクス的な効果が

やや高いことが示されました。

同じくアーモンドを脱脂した粉末にして、採集した便の中に入れて

調べたが善玉菌の増加は見られなかった。

研究グループの結論として、アーモンドの脂肪がプレバイオティクス

的な働きをするのではないかと推察しています。
【関連する記事】
posted by porigucci at 22:22| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック