2009年08月20日

野菜や果物にはカリウムが多く含まれる

野菜や果物にはカリウムがたくさん含まれています。

このカリウムは余分な塩分を排出して血圧を下げる作用が

期待できます。

ただし、カリウムは煮たり茹でたりすると失われやすいので、

生で食べるようにしましょう!

カリウムの多い野菜、果物は下記の通りです。

わかめ、切干だいこん、シソ、リーフレタス、サラダ菜

サニーレタス、メロン、バナナ、すいか、アボガド、干しぶどう

ドライプルーンなどです。

逆に、塩辛い加工食品には注意しましょう!

インスタント食品や加工食品には塩分が多く使われています。

調理のしやすさから、つい食べる回数が多くなりがちですので

注意してください。

塩分の多い食品は下記の通りです。

カップラーメン、ソーセージ、かまぼこ、カレーやシチューの

ルー、干物、塩辛、からし明太子などたくさんあります。

また、食品を買うときは、塩分の表示をチェックしましょう。

ここで確認しておきたいことは、ナトリウム=塩分量ではありません。

塩分量は、ナトリウム量×2.5gがおおよその数字です。

たとえば、ナトリウム量が2gであれば塩分量は5gになります。

食塩相当量と表示されているものは、その数字が塩分量となります。


posted by porigucci at 23:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック