2009年08月09日

枝豆は栄養バランスも絶妙な夏野菜

edamame50.JPG

ビールといえば、何はさておいても枝豆ですね。

枝豆も夏野菜であり、本来は完熟させて大豆として利用されます。

大豆を若いうちに莢(さや)ごと茹でると、香ばしい香りと甘みが

あるので茶請けなどに利用されてきました。

大豆には、大きく分けると、黄豆(青豆)、茶豆、黒豆があります。

いずれも若いうちに収穫すれば、枝豆として味わえます。

最近は、ビールのつまみとして定着していることから、枝豆専用

の品種が多数登場しています。

枝豆の味は、品種もさることながら、収穫から食卓に並ぶまでの

時間にも左右されるらしいのです。

一番の贅沢は、家庭菜園から枝豆を抜いて、すぐに茹でて味わう

ことができれば、至福の極みであるという。

枝豆には、糖質を熱に変えるときに、不可欠なビタミンB1や

肝臓の代謝を促すメチオニンがたくさん含まれています。

完熟すると失われるビタミンCもいっぱいなのです。

また、カロリーも高いので夏バテ解消にもいいですよ。

cray-pas58.JPG
サクラクレパス クレパス 20色入 LP20R

トップの絵は、私がさくらクレパスで描きました。

クレパスは本当にかんたんで便利ですね。

追記

枝豆を美味しく作るコツ

@茹でる前に塩もみして、下味をつける

Aたっぷりの湯に、ほどよい塩加減で茹でる

B湯で上がりは、水に浸けずにあおいで冷やします
 
この三つの点に気をつければ水っぽくならずに、豆のふっくら

とした味わいが楽しめます。

枝豆の茹で方

材料  枝豆300g塩(下味用大さじ2・茹で用ひとつまみ
    味つけ用小さじで半分

@ 下準備は、枝豆を水洗いして汚れを落とし、軽く水を切り、
  ヘタを切っておく。枝つきの場合は、さやがいっぱいついて
  いるので丁寧にとります。

A ボウルに枝豆を入れ塩をふって手で軽くこするようにして、
  産毛を取り、塩を揉みこむ。

B たっぷりの湯に塩を入れ、強火で3〜5分茹でる。
  食べてみて少し歯ごたえが残る程度になったら火を止める。

C 茹で上がったらボウルに取り、熱いいうちに塩をふりボウル
  の中で枝豆を煽る。水に取ってすぐに冷ますと豆の甘みが
  抜けてしまうので注意しましょう。
【関連する記事】
posted by porigucci at 12:33| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック