2009年07月30日

1日に1回は魚を食べましょう!

じっくりと体質改善したいのであればn3油の摂取量は

1日1g程度が理想であるといわれています。

n3油1gというのは、さばやさんま、いわしなど、青魚の

切り身で一切れ分(約100g)食べるだけでクリアできます。

ですから、1日に1回は魚を食べましょう。

ただし、妊娠中の方は水銀量の多いキンメダイやメカジキ、

本マグロは避けてください。

ただ、魚を調理することがめんどうであるという人が

結構多いようです。

そういう人は、自分でさばかないと割り切ろう。

切り身や干物を買うか、魚屋さんにさばいてもらうと

簡単です。

また、後片付けがめんどうなグリルは使わず、フライパンと

クッキングシートでさばの塩焼きなどを調理すると便利です。

冷蔵庫に生魚がない日のために、缶詰を常備しておきます。

これもn6油をとらずにすむ水煮缶がおすすめです。

n3油の効果を得るために、意識してほしいのは、n3油以外の

油を減らすことです。

特に、サラダ油などを使った揚げ物はn6油が多いので

なるべく避けるようにしましょう。

では、魚のパワーで、元気できれいな肌を手にいれましょう!

追伸

明日は、二度目の土用の丑です。

うなぎの蒲焼きにもn3油が100g中に2,87gも含有して

いますよ。

31h5jBjs8BL__SL500_AA241_.jpg
ニッスイさば水煮缶詰190g
posted by porigucci at 22:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック