2009年07月24日

若い人たちの健康は大丈夫ですか

ファーストフードやお湯を注ぐだけのカップ麺などの普及や、

加工食品、脂肪分の多い欧米型の食事を摂る機会が増え、

和食離れが進んでいると言われています。

今の50〜60歳代の方は、給食でパン食を経験した最初の世代

であります。

このため、ご飯と味噌汁よりもパンとコーヒーがかっこいいと、

あこがれた世代でもあります。

ところが年を取ると不思議にごはんや味噌汁などの和食が好みに

なるらしい。

やはり日本人のDNAのなせる業(わざ)なのでしょうか。

ただし、若い人たちが50〜60歳代の人たちと同じく、ごはんや

味噌汁などの和食を好むようになるのかは疑問であります。

いち早く欧米化の洗礼をうけた沖縄県は男性において長寿県では

なくなっています。

生まれた時から欧米型の食事に慣れ親しんできた、今の若い人たち

の健康は大丈夫でしょうか。

若者に限らず、現代人は雑穀や豆類、野菜、海草類の摂取不足で

代謝に必要なマグネシウムをはじめとするミネラルや、食物繊維が

不足しており健康の面で大きな問題となっています。

日本人が雑穀を食べなくなり、脂肪の摂取量が増え始めたのと時を

同じくして、糖尿病や大腸がんが急激に増えています。

ですから、病気を予防するために、何をどう食べるべきかを、

自分自身でしっかり知っておくことが大切ではないでしょうか。
【関連する記事】
posted by porigucci at 22:12| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック