2009年06月04日

睡眠中に成長ホルモンは分泌する

成長ホルモンは、体内のたんぱく質を修復し、

肌を整える働きがあります。

成長ホルモンは、睡眠中にのみ作られ、

体が大きく成長する10代はもちろん、50〜60代でも

一定量が分泌されます。

このホルモンがもっとも多く分泌されるのは、

睡眠の前半におとずれるノンレム睡眠のステージ

3〜4であります。

このように、深い睡眠をとることは健康や美肌を

保つには絶対欠かせないものなのです。


※ステージについて

レム睡眠とノンレム睡眠は90分間隔で繰り返されます。

ノンレム睡眠は1〜4ステージに分かれ、

入眠から1時間ほどでもっとも深いステージ4に達し、

徐々に浅くなって起床となります。
posted by porigucci at 23:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック