2009年02月20日

固形石鹸を見直そう!

ボデイソープは肌を乾燥させやすいという問題点

があることは、すでに2/11と2/12のブログで

詳しく説明しています。

そこで、固形石鹸をもう一度見直しては

どうですか。

無添加などの特別なものでなくてよいそうです。

100円くらいの、普通に売られているもので

じゅうぶんであるという。

これを綿タオルに泡立てて洗うのです。

固形石鹸は、ボデイソープ(界面活性剤)よりも

肌に優しい上に、余分な油膜は残りません。

ボデイソープの油膜になれた人には、洗い上がりが

つっぱるように感じられるかもしれません。

しかし、時間がたつにつれ、自分の肌のうるおいが

もどってくるようです。

皮膚科の医師によると乾燥しやすい腕や足などは、

3日に一度の洗いでじゅうぶんだといわれています。

毎日、ゴシゴシと洗う必要はありません。

固形石鹸は、ボデイソープみたいにふわふわと泡立ち

しませんが、それでよいのです。

肌は弱酸性だから、アルカリ性の固形石鹸で洗うと

よくないといわれますが、最後は水道水で洗い流す

ことになるので、水道水と同じ中性になります。

アルカリは、角質すなわちアカを落としてくれます。

よくアルカリ温泉に入ると肌がすべすべになるのは

そのためです。

このため、固形石鹸のアルカリは肌によくないという

ことについては問題ないようです。
posted by porigucci at 22:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック