2009年02月08日

大宰府天満宮へドライブに行く

きのう、久しぶりに大宰府天満宮までドライブに行ってきました。

天気はうす曇りで温かい一日であった。

北九州市から麻生首相のおひざもとである飯塚市を経由しての

コースである。

大宰府に行く途中、世界最大のブロンズ製の涅槃像を初めて見るために、

福岡県糟屋郡篠栗町にある南蔵院というお寺に立ち寄りました。

  nanzoin.jpg

この涅槃像は、平成7年に建立されたもので、全長41m、高さ11m、

重さ300トン、ブロンズ製としては世界最大である。

ちなみに自由の女神と同じ大きさといわれています。

完成時には日本国内はもちろん、東南アジアから約1300人もの僧侶が

参列した模様です。

今では篠栗町のシンボルとして人々の“心のよりどころ”となっています。

さて、大宰府天満宮へドライブする目的は九州国立博物館である。

  kyuhaku.jpg

元旦より開催されている、九州・沖縄の作家による特別展

「工芸のいま伝統と創造」の観覧に行ってきました。

人間国宝の酒井田柿右衛門さんの陶芸をはじめ、すばらしい作品を

目にしてため息がでました。

大宰府天満宮は梅がぽつぽつ咲きはじめて、あいかわらず参拝客が

多いという印象である。

  tenmangu.jpg

お土産やさんの参道は人だかりで、名物の梅が枝餅(うめがえもち)が

よく売れていました。

お店によっては繁盛しているお店とそうではないお店があり、

どうしてだろうと考えてしまいます。

私は並ぶのは苦手なので、繁盛していないお店で買いました。

お土産とは別に、焼きたてホヤホヤの梅が枝餅を買って、

その場で食べたところ大変美味かった!


【関連する記事】
posted by porigucci at 23:36| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック