2009年02月07日

半身浴の正しい意味を知っていますか

よく、半身浴は健康や美容によいといわれています。

半身浴はみぞおちあたりまで、つかることをいいます。

日本人は毎日、赤ちゃんからお年寄りの方まで

お風呂に入る習慣があります。

では、なぜ半身浴がよいといわれるのでしょう。

寒い季節は、よくお年寄りの方がお風呂で倒れることが

多く見られます。

急な温度変化や水圧の関係で、血圧に変調をきたし、

脳溢血や脳梗塞をおこします。

そのため、厚生労働省は、熱いお風呂を避けて、

ぬるめにして、心臓に負担をかけないように、

半身浴を安全指導しているのです。

このように、半身浴の正しい意味は、若い女性が美容に

よいというものではありません。

半身浴にすれば、当然温まるのに時間がかかります。

時間がない人の場合は、全身浴にして、

早めにあがって、早めに寝たほうがよほど美容のために

よいと考えます。

半身浴で長風呂をすると、お湯の中に皮膚のうるおいが

溶けてしまい乾燥肌になります。

どうしても半身浴にこだわるのであれば、保湿効果のある入浴剤や

ハーブで補ってください。

最後に、半身浴は毎日ではなく、休日前の時間がたっぷりとれる

時にのみ楽しんではいかがでしょう!
【関連する記事】
posted by porigucci at 22:18| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック