2008年12月31日

由布院のモダンな和風旅館「山荘無量塔」

今日は大晦日です。

本当は、由布院山荘無量塔の「Tan’s bar」で

ゆっくりジャズを聴きながら薩摩切り子のグラスで

焼酎のオンザロックでも傾けたいと思うのだが・・・。

「山荘無量塔」は、茅葺き風のモダンな和風旅館で、

障子戸の玄関が人目を惹きます。

sanso murata.jpg  


sanso murata2.jpg


sanso murata3.jpg

障子戸をひくと、そこは土間になっており右手に小さな暖炉がある。

冬は暖炉のほのぼのとした炎と薪の香りがたまらない。


sanso murata4.jpg

奥に進むと「Tan’s bar」があり、

暖炉の真上にカーネギーホールと同タイプの

劇場用スピーカーがデーンと据え付けられています。


sanso murata5.jpg


murata.jpg 

劇場用スピーカーWE16Aホーン


sanso murata7.jpg


sanso murata8.jpg

天井が高く、梁が太くて黒光りしており、

カウンターテーブルにはありとあらゆるお酒が並んでいる。

又、亀の井別荘「天井桟敷」と同様に藍色の古伊万里の深皿が

飾られています。

以前は「エビスビール」を注文し、

えんじ色の大きなスピーカーから流れる音楽を2時間ほど堪能し、

アルコールを醒まし帰路についていました。

最近は、ビールであっても酒酔い運転ですので、

もっぱらコーヒーで済ませています。

コーヒーは700円と少し高めですが、

「無量塔」の重厚なインテリアと天井の高い空間を味わえるの

であれば決して高いとは思いません。

おみやげは、もちろん「無量塔のPロール」1380円です。

由布院駅前にあるお肉屋さんで売っている

地鶏のから揚げも美味しくよく買って帰ります。

湯布院から家まで2時間半くらいかかるので、

カーステレオの音量を普段より大きめにして、

さまざまなジャンルの音楽を楽しみながら帰ります。

さしずめ、一曲目はローリング・ストーンズの

「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」にするべきか、

それとも師走の気ぜわしい気持ちを鎮めるために

ベートーヴェンの「交響曲第九番」にしようかと

迷ってしまうのも楽しみの一つです。

私の音楽を聴く目的は居眠り運転防止とストレス発散のためです。

もうすぐ、除夜の鐘が鳴り響きます。

除夜の鐘を聞きながら1年を振り返り、良い年をお迎え下さい。




【関連する記事】
posted by porigucci at 23:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック