2008年11月12日

水虫の感染を予防する方法

家のなかで水虫に罹患している人がおれば感染する恐れがあります。

例えば、バスマットなどに、垢と一緒に水虫の菌が付着していると、それが感染源になります。

ですから、掃除機をこまめにかけ、バスマットやスリッパなどは、共有しないようにして下さい。

水虫の原因である白癬菌は、空気感染をすることはなく、菌自体も強力ではありません。

たとえ手足についたからといっても、24時間以内に洗い流せば感染しません。

1日1回、足の全体や指の間をしっかり洗ってタオルでふきとれば、感染する心配はなく、あまり神経質になる必要はありません。

ただし、足の角質層に傷があると白癬菌が侵入するのに12時間はかからないというデータがあります。

よく、足のかかとを垢すりや軽石でゴシゴシこする方がおられますが、傷をつくりやすいので止めた方がよいと思われます。
posted by porigucci at 21:16| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック