2008年11月10日

ブーツが原因で女性の水虫が増えている?

近年は、男性は無論、女性が水虫に悩んでいるケースが多いらしい。

みなさんも見かけたことがあると思いますが、夏場でもブーツを履いている女性がいます。

ブーツはご存知のように足にピッタリとフィットしており、おまけに長い形状でムレやすいのです。

ブーツが原因で女性の水虫が増えていると断言はできません。
しかし、増えていることは事実のようです。

もし、ふつうの水虫であれば、市販薬でも毎日きちんと塗り続ければ一ヶ月で完治するそうです。

水虫薬もいろいろな種類があります。

新世代の水虫薬と、それ以前の旧世代の水虫薬とでは効き目がまったく違うという。

最近では、新世代の医療用水虫薬も市販されていますが、商品名がついていても、その種類によっては、旧世代の成分を含むものがあるので注意しましょう。

薬局で購入する場合、成分をしっかり把握しておいてください。
塩酸ブテナフィン、ラノコナゾール、塩酸ネチコナゾール、塩酸アモロルフィン、塩酸テルビナフィンのどれかが入っているものを選びましょう。

水虫は症状がなくなったとしても、すぐに止めてはいけません。最低でも、一日一回一ヶ月間は塗り続けないと完治しませんよ。

水虫に罹患している方の多くは、完治していないのに、自覚症状がなくなると、つい薬を止めてしまいます。

それを繰り返しているうちに、爪水虫になったり、角質層に入りこむ角質増殖型の水虫になったりして、治りにくくなります。

角質増殖型水虫は、かかとが厚くなってひび割れをおこし、かゆみなどの自覚症状がないので、肌荒れやアカギレと勘違いするので注意しましよう。

特に、爪水虫や角質増殖型の水虫はやっかいなので、皮膚科専門医に行ってきちんと治療してください。
posted by porigucci at 23:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック