2008年10月30日

若い世代は塩分が不足しがちである

今の若い世代は、塩分が不足しがちであるという。

本来、朝食といえば伝統的な和食のごはんと味噌汁が定番であったが、若い世代を中心にパンとコーヒーなどで済ませるケースが多くなっています。

昔はどの家庭でも手作りで漬物をつくり保存していたが、いまは母親が作らなくなったこともあり、漬物を食べる機会も少なくなっているようです。

ある研究者によると、いまの若者は塩分を1日10グラムも摂っていないのではないかという。

もちろん、塩の摂りすぎはよくありませんが、塩は交感神経を刺激することで活力をもたらすので、不足するのもよくないといわれています。

最近は、塩分摂取を減らしたことで、脳出血は減少し、脳軟化症が増加しているのだそうです。

原因として考えられるのは、交感神経への刺激が少なく、血流が維持できなくなり、ぼんやりとした活力のない世界に入ってしまいます。
そして、徐々に脳が変性して脳軟化症になってしまうというのです。

よく塩分を摂りすぎるのは、血圧との関係でよくないといわれます。

しかし、長野県の人たちは野沢菜など塩分のたくさん入ったものを摂っていながら、日本一の長寿県なんですよ。

ですから、一概に塩分の摂りすぎが悪いとは、いい切れない面があります。

最近の若い世代は覇気がないように感じられるようです。

そして、活力不足の原因のひとつは、日ごろの塩分不足ではないだろうかといわれています。

このように、塩分は必要であり、ある程度意識的に摂ったほうが良いと思われます。
posted by porigucci at 21:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック