2008年10月12日

下関の赤いロンドンバスに乗る

londonbus1.JPG

昨日、電車に乗って河豚(ふく)で有名な山口県下関市の唐戸市場に

行ってきました。

門司から関門鉄道トンネルをくぐると、そこは下関である。

下関駅からは英国で有名な二階建ての赤いロンドンバスに乗ってみる

ことにした。

この赤い二階建てのロンドンバスは下関市が英国より無償で借用

しているのです。

出発地は下関駅で最終目的地は小じんまりとした城下町の長府である。

土曜日ということもあり、二階建てのロンドンバスの乗り場は多くの人で

いっぱいであった。

また、地元のテレビ局の取材も行われていました。

ロンドンバスということで二階席に人気が集中するので、チケットと同時に

整理券が配られ幸いにも二階席をゲットできました。

いざ、乗ってみると、ふだんのバスや観光バスよりも格段に視野が

高いのです。

天気もよく、右手に関門海峡を望み九州の山々も見渡せます。

目的地の唐戸市場前のバス停で降り、元英国領事館で催しが行われていた

ので立ち寄ってみました。

そこで突然に出くわしたのです。

それは誰であろう?

そうです、前総理の安部晋三さんにです。

地元の新聞記者やSP5,6人を引き連れてである。

SPは男性ばかりかと思いきや、体格のよい女性のSPが存在することを

はじめて知りえたのです。

ただ、警官の姿は一人もいませんでした。

安部前総理に握手もしていただき、写真にも一緒に応じてくれましたよ。

解散総選挙も近いということで、地元の支援者に挨拶まわりに来たもの

と思われます。

唐戸市場は相変わらず多くの人たちでにぎわっていました。

とくに、にぎり寿司のお店には人だかりである。

私もその一人であるのだが。

下関といえば、河豚(下関はふぐと濁らないでふくと呼ぶ)であるが、

鯨も有名なのですよ。

寿司も美味しいが、鯨や河豚の揚げ物も絶品である。

また、さざえの壷焼きも炭火でやっており、こりこりとした食感が

たまらなく美味しい。

帰りも赤い二階建てのロンドンバスに乗ってJR下関駅に向かい家路に

着いた。

あとで思いついたのだが、帰りは船に乗って門司港経由で帰えればよかった

のに、JRとロンドンバスを往復チケットで購入していたので断念した。

残念!(ただし、門司港は先週の土曜日に行ったばかりである)




posted by porigucci at 12:44| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック