2008年09月27日

大豆は和食には欠かせない食材です

豆はさまざまな形で私たちの食生活に多いに利用されています。

その代表的なものには大豆があります。

みなさんもご存知のとおり、大豆は和食には欠かせない味噌、醤油、豆腐、納豆などを作る大切な原料なのです。

大豆は「畑の肉」といわれるほど、栄養価の高い食品です。

ただし、大豆は消化しにくいことが欠点ですが、しっかり加熱することで消化が良くなります。

ほかにも、たくさんの豆の種類があります。

大豆、あずき、いんげん豆など、豆は私たちの食生活に欠かせない食材で、昔から体に良いといわれています。

豆は植物の種子なのです。

たとえば、大豆は枝豆から取れるのです。

種子には新しい生命を生み出すために必要なものが豊富に詰まっています。

このため、豆を食べることでその栄養分を摂り入れることができるのです。

あずき、いんげん豆にはごぼうの約2倍、サツマイモの約3倍もの食物繊維が含まれています。

あずき、ひよこ豆、いんげん豆などは加熱処理することで、でんぷんの一部が食物繊維化し、増えるといわれています。

最近は健康志向の高まりもあり、大豆をはじめとする豆が注目されているのです。
posted by porigucci at 11:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック