2008年07月27日

自分に対するイメージは、人生を左右する

男性の幸福や不幸を決定する最大のポイントは能力といわれる。

能力があるとないとでは、人生というものが大きく違ってきます。

これは、至極当然のことですよね。

たとえば、お医者さんとサラリーマンでは人生が大きく違います。

ただ、ここでいう能力とは、頭がいいとか、IQが高くなければダメというものではありません。

たとえば、マージャンをやらせたら負けない自信があるとか、ゲームの攻略では絶対的な自信があるなど、なんでもいいのです。

要は、自分には能力があると思い込むことが大事です。

まわりが認めなくても、本人だけがそう思っている。

こういった感覚の人が成功しているパターンであり、ものごとをうまくやっていく人の発想であるといわれる。

女性は、少しちがうようです。女性の場合、自分はいい女だと思い続けることが幸せを呼ぶという。

それでは、なぜ能力や容姿にこだわるといいのかというと、イメージだからです。

自分に対するイメージは、ときとして人生を左右するほど重要なのです。

自分をイメージするものが自信にあふれていれば、行動も言葉もそれに伴って力強いものになり、人生を切り開いていくパワーを生み出します。

人生ってなんと素晴らしいのだろう!自分は何にでも挑戦してみよう!と思ってみてください。

二、三年後には必ずそのようになっているという。

そう思うことが行動に表れて実現可能なところまで引き寄せてくれるのです。

その原動力となるのが、男性は能力、女性は容姿にたいするイメージなのです。

大切なのは、他の人と比較する必要はなく、あくまでも自分が思い込むということです。

能力と容姿、かたちこそ違うが、人生を支配する重要なキーワードであるという。

このような考え方を実行するには、何といっても継続ではないだろうか。

参考 佐藤富雄「運命は口ぐせできまる」(知的生き方文庫)
posted by porigucci at 19:06| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック