2008年07月23日

素晴らしい歩みをする人

秋葉原の事件が記憶に生々しいうちに、昨日、同様の事件が

東京・八王子で起きてしまいました。

事件の真相はまだはっきりとしていないが、

仕事のことで親が相談に乗ってくれなかったから

無差別に人をあやめたという。

まことにもって短絡的な考えであり許しがたき行動である。

亡くなられたアルバイトの女子学生の方には、

本当にお気の毒としかいいようがありません。

謹んで哀悼の意を表します。

人間は状況妄動型であってはならないという。

状況妄動型とは、自分がこうしたいと思っても、

社会情勢、経済情勢などからすぐに実現困難である

と諦めてしまう人のことをいいます。

一方心の奥底からこうありたいという強い願望を持った人は、

環境はいかに難しくても、その実現をめざし行動していきます。

その努力の過程で自分が求めているものや創意工夫が

生まれてきます。

同じ難しい環境におかれても、状況妄動型の人は状況が悪いことを理解し、

その結果自分の願望が思うようにならないと悟るだけである。

「状況は我に利あらず」と理解したときに、自分の願望を捨てる人と、

その瞬間から気持ちを切り替えて次の行動に移す人の違いです。

人生において素晴らしい歩みをしていく人と、

そうではない歩みをしていく人の違いはここにあるのです。

引用 稲盛和夫著「心を高める、経営を伸ばす」(PHP文庫)


posted by porigucci at 21:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック