2020年11月08日

ホテル楊貴館のお茶請けは「ぬれ華まめ」です

ホテル楊貴館のお茶請けは「ぬれ華まめ」でした。

萩市の「萩城三の丸 北門屋敷」に宿泊したときも「ぬれ華まめ」

だったのでよく覚えています。

因みに、「ぬれ華まめ」は山口県のお菓子ではなく石川県の味路庵

(あじろあん)が作ったものです。

本来なら地元のお菓子を出したほうがよいと思うのだが・・・。


ぬれ華まめ.jpg



ぬれ華まめA.jpg

豆がほどよくぬれて、やわらかくて食べごたえがあり、やめられない美味しさです。

ホテルの売店で山口プレミアム商品券(宿泊代の残金+現金)で9個入り2箱を

お土産として購入しました。


株式会社 味路庵
石川県能美市山口町12街区17番地
TEL. 0761-48-6262

posted by porigucci at 13:19| 福岡 ☀| Comment(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海を眺めながらホテル楊貴館の朝食を食べる

朝風呂してから海が見える宴会の間で朝食をいただく。



楊貴館朝食.jpg

海(油谷湾)を目の前にして、朝食を食べれるなんて最高である。

この風景を見ていると数十年前に訪れた宮城県松島のホテルで

朝食を食べたの時のことをふと思い出しました。




楊貴館朝食A.jpg



楊貴館朝食B.jpg



楊貴館朝食C.jpg

朝食は美味しく私も妻もとても満足でした!

チェックアウトが12時だったので、朝食後にゆっくり休憩してから再び

とろとろの湯に入ることにしました。

まさに温泉三昧です。



楊貴妃の湯.jpg

「楊貴妃の湯」の露天風呂からは角島が望め、私は青い空と美しい海を眺めながら

とろとろの温泉に浸かり最高の気分に浸ることができました。

午前6時に玄宗の湯と楊貴妃の湯は男女が入れ替わりになります。




ホテル楊貴館Y.jpg

「玄宗の湯」は全面ガラス張りの前が海に面した露天風呂になります。

左側に角島(下関市)が小さく見えます。

温泉の写真は油谷湾温泉ホテル楊貴館のホームページより転載


posted by porigucci at 09:05| 福岡 ☀| Comment(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする