2020年09月13日

ラジオでシューベルト「交響曲 第2番 」を聴く

本日、NHKラジオ第一の番組「音楽の泉」で、

初めてシューベルト「交響曲 第2番 変ロ長調 D.125」を聴く(31分01秒)。

シューベルトの交響曲といえば、「交響曲 第7番 」未完成が有名であり、

演奏会で何度か鑑賞したことがあります。

もちろん、CDも所有しています。

「交響曲 第2番 」はシューベルトが18歳のときに完成したというからすごい!

第1楽章の序奏部がモーツァルトの交響曲第39番の序奏に類似している

ことが認められ、

それに続くアレグロはベートーヴェンの「プロメテウスの創造物」序曲の

主題と似ているといわれる。

管弦楽はヨーロッパ室内管弦楽団、(指揮)故クラウディオ・アバドでした。


posted by porigucci at 15:38| 福岡 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする