2019年06月12日

脇田温泉の露天風呂でくつろぐ

昨日、宗像大社を参拝してから待望の三日月庵のあさりうどんを

食べてきました。

その後、道の駅むなかたに立ち寄ってから脇田温泉へ車を走らせる。

初めは入湯料が500円の喜楽荘に立ち寄ったが、日帰り湯は土日

しかしていないということで、湯めぐりの宿 楠水閣の湯乃禅の里

に決める。


楠水閣.jpg



脇田温泉.jpg

湯乃禅の里から眺める脇田温泉の田園風景は美しい。


湯乃禅の里.jpg

湯乃禅の里の待合室に竹下夢二の黒船屋(ジークレー版画?)が

飾られています。


湯乃禅の里A.jpg


湯乃禅の里B.jpg


着替え室のドアを開けると水車風呂と名付けられた泡風呂が

目に入ります。

前回、日帰り湯したときは一番泉温が低かったので

この湯に浸かる。


湯乃禅の里C.jpg

昔、田んぼに水を引くために使われた木製の人力水車。

それも人が水車の板に乗り足で回すようです。


湯乃禅の里D.jpg

後から気づいたのですが、その日は水車風呂よりも

こちらのヒノキ風呂の方がぬるく私にはぴったりであった。


湯乃禅の里E.jpg

ヒノキ風呂の前にサウナがあり、奥には岩風呂の露天風呂

があります。

平日は入湯客が少なく、私一人の貸し切り風呂みたいで

とてもラッキーでした。

6月の露天風呂は爽やかで気持ちよかった!


湯乃禅の里F.jpg

和洋折衷のモダンな感じがする洗い場。

夕方の5時に入湯してから、7時前に風呂から上がる。

そして、待合室で竹下夢二の黒船屋を見つめながら

長風呂の妻を待つ。

因みに湯乃禅の里の入湯料は850円です。


posted by porigucci at 13:00| 福岡 ☁| Comment(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする