2017年10月23日

希望の党は伸びなかった

大義名分のない衆議院選挙で、自民党・公明党の与党が

圧勝し幕を閉じました。

新しい政党、希望の党は期待するほどに伸びなかった。

これまでの歴史で、新しい党がブームを起こしては生まれ、

そして消えるということを何度も繰り返してきました、

しかし、今回の選挙は一時的なブームを呼んだからといって

新しい政党を国民は選択しませんでした。

それは、鳩山由紀夫を筆頭に旧民主党や民進党の政治に

あきれ果てたことから国民の信頼を得ることができなかった

のでしょう。

今や北朝鮮の核開発やミサイル実験で緊張が高まっている

状況下で、出来立てホヤホヤの希望の党よりも自民・公明党

の与党に任せたほうが無難であると国民は考えたのでしょう。

ラベル:衆議院選挙
posted by porigucci at 23:12| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする