2017年02月27日

カフェ「安蔵里かふぇ」を見学する

レストランの別棟にあるカフェ「安蔵里かふぇ」を見学する。

カフェ安蔵里.jpg


カフェ安蔵里2.jpg

「安蔵里かふぇ」は、一階がカウンター席となっている。

二階には木製の階段を上っていきます。

カフェ安蔵里3.jpg

一階の床下にはたくさんのワインが保管されており、

天然のワインセラーとなっています。

カフェ安蔵里4.jpg

二階は梁が剥き出して、私のお気に入りである由布院「亀の井別荘」

の天井桟敷の雰囲気が漂う。

カフェ安蔵里5.jpg

本来ならここでコーヒーを飲みながらゆっくりと

過ごしたかったのですが、今から佐賀県の古湯温泉に

行くために断念しました。

posted by porigucci at 20:21| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊都安蔵里の健康御膳を食べる

伊都安蔵里に到着したのが午後3時前だったので、

御膳料理が終了したのではと心配したが、間一髪セーフでした。

安蔵里7.jpg

テーブルには春の季語である沈丁花が花瓶に挿されていました。

安蔵里1.jpg

安蔵里10.jpg

御膳料理は朱色の二段重ねの弁当箱に入れられてきました。

安蔵里11.jpg

ご飯は玄米ごはんにしました。

もちもちしてとても美味しかったので、ついお代りしてしまいました。

私はともかくとして、妻がお代りしたのでびっくりです。

安蔵里12.jpg

私がオーダーした健康御膳(1480円)には糸島産の大豆を使った

大豆コロッケがメインです。

安蔵里13.jpg

旬の野菜を盛り込んだ季節の小鉢。

安蔵里14.jpg

妻がオーダーした糸島産のとり天御膳(1580円)。

季節の小鉢は私のオーダーした健康御膳と同じもの。

安蔵里15.jpg

糸島産の味噌を使用した味噌汁。

安蔵里17.jpg

食後のぜんざい。

ぜんざいには白玉団子が2個入っています。

安蔵里16.jpg

私も妻もすべての料理をきれいに平らげました。

本当は天然鯛のあらだき御膳(1590円)を食べたかったのですが、

すでに売り切れていました。

何しろ糸島市は天然真鯛の水揚げ量日本一なのです。

因みに、食前に安蔵里自家製の美味しい甘酒も飲みました。

安蔵里23.jpg

私たちが最後の食事客でしたので、店内はご覧のように

静かでした。

安蔵里20.jpg

万能酢を使ったピクルスの試食が行われていて、

とても美味しかったので妻も一本購入する。

500mlで810円。

安蔵里21.jpg

新鮮な旬の野菜のピクルスの材料です。

安蔵里22.jpg


posted by porigucci at 19:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊都安蔵里へドライブ

昨日、愛車MARKUで妻と糸島(福岡県)の伊都安蔵里

(いとあぐり)に行ってきました。

本当は、由布院の無量塔「Tan’s bar」で暖炉をあたりながら

コーヒーでもと思ったが、いつも気になっていた伊都安蔵里

に急遽変更したのです。

安蔵里.jpg

小倉(北九州市)の自宅から90km位で、伊都安蔵里に着いたのが

午後3時前であった。

安蔵里2.jpg

伊都安蔵里の外観で、左の建物がレストランで、右奥がカフェ

の建物です。

伊都安蔵里の建物は大正年間に創業した「旧福寿醤油」が、

昭和初期に建てたものです

安蔵里3.jpg

安蔵里4.jpg

安蔵里5.jpg

レストランのテーブルは椅子に座る炬燵となっています。

安蔵里6.jpg

畳の部屋もあります。

安蔵里18.jpg

レストランの館内にあるセレクトショップ。

安蔵里8.jpg

地元・糸島で生産されている自然農法や無農薬、有機栽培などによる

新鮮野菜をはじめ、飼料にもこだわった肉や乳製品、

昔ながらの製法でつくられる塩や醤油などの調味料も

数多く揃えています。

伊都安蔵里 福岡県糸島市川付882  
TEL092−322−2222

posted by porigucci at 14:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする