2017年01月30日

北九州市議選の投票率が過去最低

今日の北九州市は、雨は上がったものの

日中は寒かった。

昨日の市議選は案の定、投票率が39・20%と過去最低の

結果となりました。

投票率の低さについては雨も影響したと思われますが、

民主主義の根幹となる選挙に無関心な市民が

いかに多いかを物語っています。

さらに北九州市長は、

18歳選挙権の若者が大学受験と重なり、

少なからず影響したのではないかと談話されていました。

残念なのは、小倉北区の投票率が35・49%と一番低く、

八幡西区38・11%、小倉南区38・97%、八幡東区40・64%、

門司区41・74、若松区42・14、戸畑区45・83%と

なっていました。

さて、1月も明日の1日を残すのみとなりました。

月日の経つのは早いものですね。



posted by porigucci at 21:15| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする