2017年01月26日

北九州市は子育てしやすい!

国立社会保障・人口問題研究所によると、

北九州市の人口は現在96万人ですが、

2040年には78万人まで減少すると推計されている。

実際にそうなるのかどうかは別にして、

北九州市の利点はたくさんあると思います。

特に交通網が便利であり、大きな医療機関や図書館等の

公共施設、スーパーマーケットがたくさんあります。

待機児童ゼロは6年連続で達成。

市内に小児救急医療センターが4か所もある。

政令指定都市の中で子育てしやすい街5年連続1位(NPO法人の調査)。

その影響が大きいのか合計特殊出生率1,59(平成27年度)は

全国20の政令指定都市でトップクラスである。

又、移住を進める全国191の市区町村のうち、

50歳から住みたい地方1位となっています(雑誌社調査)。

そのため、人口が減っているからといって、

悲観する必要はありません。

因みに、人口減少は北九州市だけの問題ではなく、

九州では福岡市以外はほとんどと言ってよいほど

減少しているのです。




posted by porigucci at 21:02| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする