2017年01月02日

湯田温泉から大河内温泉に立ち寄る

山口の湯田温泉からの帰りに、下関市豊浦の大河内温泉に

立ち寄り湯しました。

大河内温泉2.jpg

大河内温泉の目印となる発電風車(風力タービン)。

大河内温泉3.jpg

大河内温泉の周りは山々と田園風景のみである。

大河内温泉.jpg

何はともあれ、お正月は温泉に浸かってゆっくり過ごしたい

という人達が多く、駐車場が満杯でした。

その為、今日は平田旅館の美人の湯よりも少しだけ広い

「いのゆ」の温泉にしました。

そして、妻は3時間近くも温泉に入っていました。

私は1時間少々で上がって、休憩所でTVを見て

過ごしました。

posted by porigucci at 23:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯田温泉を散歩する

湯田温泉.jpg

ホテルニュータナカ10階の窓から湯田温泉の町並みを眺める。

真下の広い空間は井上公園です。

園内には、中原中也の詩碑、種田山頭火の句碑、七卿の碑などが

あります。

hotel new tanaka.jpg

ホテルを11時にチェックアウトしてから、中原中也記念館まで

歩いて行く。

湯田温泉2.jpg

湯田温泉には至る所に足湯の施設があります。

湯田温泉3.jpg

足湯には必ず白狐の像があります。

こちらの足湯には親子の白狐の像が設置されています。

湯田温泉4.jpg

井上公園にある 何遠亭(かえんてい)は、

京都から逃れた公家・三条実美公が身を寄せた建物です。

湯田温泉5.jpg

木造平屋住宅は何遠亭を模したもの。

湯田温泉6.jpg

紅椿がきれいでした。

井上馨.jpg

明治の偉人井上馨の銅像。

湯田温泉7.jpg

中原中也記念館に向かう途中におもしろい建物が目に入る。

この建物は「狐のあしあと」という館で有料(200円)で

足湯ができる施設です。

湯田温泉8.jpg

子供たちが足湯に浸かって遊んでいました。

湯田温泉9.jpg

湯田温泉10.jpg

残念ながら中原中也記念館は月曜日で休館日でした。

松田屋.jpg

湯田温泉の老舗旅館「松田屋ホテル」の全景です。

松田屋2.jpg

松田屋ホテルの重厚な門構え。

松田屋には御影石の維新の湯があり、高杉晋作ら維新の志士も

入浴したいわれのある湯です。

湯田温泉 MARKU.jpg

これから愛車MARKUで国道2号を下って、

菊川町(下関市)経由で大河内温泉へ向かいます。

posted by porigucci at 23:53| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の露天風呂に入る

湯田温泉.jpg

湯田温泉2.jpg

湯田温泉ホテルニュータナカの最上階(13階)にある露天風呂。

早朝、6時ということもあってか誰も入浴しておらず、

私一人の貸し切り状態でした。

しかし、どこの温泉もお湯が熱めなので気に入らない。

日本人は健康によくない熱めの湯を好む人が多く、

38〜40℃位のぬるめの湯が好きな私にとっては嬉しく

ありません。

特に九重の筌の口温泉共同浴場は熱くて浸かることができず、

立ったままの状態ですぐに上がってしまいました(笑う)。

温泉大好きな妻も私と同じく足だけしか浸けることが

できなかったらしく、腹の底から笑ってしまった。

恐らく、湯温が47℃位だったのではなかろうか。

しかし、地元の人たちは首までしっかり浸かっていたので

びっくり仰天です。

因みに入湯料は200円でした。

湯田温泉3.jpg

湯田温泉の施設には必ず白狐の像が必ず設置されています。

posted by porigucci at 06:51| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする