2016年06月25日

四国の旅は楽しかった

高松栗林公園.jpg

今回の四国旅行は予定通りに大塚国際美術館や奥祖谷二重かずら橋、

祖谷のかずら橋、そして特別名勝「栗林公園」等を観光することでき、

とても目新しく魅力のある旅となりました。

さらに、JR土讃線の阿波池田駅から丸亀経由高松駅までの

車窓から眺める美しい景色を堪能することができ嬉しかった。

最初の予定は徳島駅に戻りJR高徳線で高松駅へ行く予定でしたが、

娘の機転で阿波池田駅から丸亀経由高松駅へ変更したのです。

そのおかげで時間短縮となり、かろうじて栗林公園をまわる

ことができました。

因みに阿波池田駅の近くには、あの甲子園を沸かした

蔦監督率いる池田高校があります。


posted by porigucci at 10:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

高松駅前で讃岐うどんを食べる

栗林公園を午後7時頃に出て路線バスで高松駅へ向かう。

その高松駅から高速バスで小倉(北九州市)まで帰ります。

時間が十分にあるので、高松駅前をぶらりしたり

キヨスクでお土産を買ったりしました。

takamatsus.jpg

takamatsu s1.jpg

高松市は人口が42万人で四国最大の都市であります。

そのため、ご覧のように近代化されたビルが建ち並んでいます。

takamatsu s2.jpg

takamatsu s3.jpg

香川といえばうどんが有名なので、駅前のさぬきうどんで

すだちぶっかけうどんを食べる。

さすがうどんの本場だけあってとても美味しかった。

nishitetsu.jpg

帰りは福岡天神行き西鉄高速バスを利用しました。

午後9時30分に出発し小倉駅に着いたのが午前6時10分頃でした。

posted by porigucci at 16:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栗林公園を歩いてまわる

阿波池田駅(徳島県三好市)16時20分発の丸亀経由の

高松行に乗って栗林公園に着いたのが18時前でした。

栗林公園は閉園時間が19時だったので、園内を巡るのは

残り1時間でした。

そのため、60分のモデルコースで回りました。

栗林公園は国の特別名勝に指定されています。

「公園」と呼ばれますが、英語表記を見るとパークではなくガーデン

となっており、本来なら栗林庭園と呼んだ方がよいかも。

栗林公園はフランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で、

「わざわざ旅行する価値がある」と最高評価を受けた観光スポット

であります。

ritsurin.jpg

数寄屋造りの掬月亭(きくげつてい)。

ritsurin2.jpg

ritsurin3.jpg

ritsurin4.jpg

松の枝ぶりが見事である。

ritsurin5.jpg

標高200mの紫雲山(しうんざん)を背景として、

東京ドーム16個分という広さに6つの池と13の築山が配された庭園です。

ritsurin6.jpg

ritsurin7.jpg

古理兵衛九重塔(こりへえくじゅうとう)。

ritsurin8.jpg


ritsurin9.jpg


高松栗林公園.jpg


ritsurin10.jpg

飛来峰(ひらいほう)という築山で富士山に似せてつくったとされる。

絵葉書やパンフレットに栗林公園が載るときは、この飛来峰の頂上から

撮った写真が多く使用されています。

ritsurin11.jpg

栗林公園は歩いていくと目の前の景色が次々と移り変わることから、

一歩一景と言われています。

ritsurin12.jpg


ritsurin13.jpg

偃月橋(えんげつきょう)は園内の橋で最も大きな橋です。

弓張り月(半月)が湖面に影を映す姿から名付けられた

美しい反りが特徴の橋です。

ritsurin14.jpg

園内随一の撮影スポットといわれる「飛来峰」という築山から

偃月橋(えんげつきょう)を眺める。


ritsurin15.jpg

写真のようにマンションなどのビルが数か所にわたって見えてしまうのが

少し残念である。

ritsurin16.jpg

芙蓉沼(ふようしょう)と呼ばれる蓮池には小さな蕾が所々に

顔を出していました。

開園日 年 中 無 休

開園時間 ほぼ日の出から日没まで

入園料金は大人410円、小人170円です。


posted by porigucci at 13:30| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

祖谷のかずら橋を渡る

奥祖谷二重かずら橋から天空の村かかしの里を通って

祖谷のかずら橋にやって来ました。

iya.jpg

橋の上から祖谷のかずら橋を見降ろす。

iya2.jpg

祖谷のかずら橋は長さ45m・幅2m・水面からの高さ14mです。

奥祖谷二重かずら橋の男橋は長さ41m、幅2m、水面からの高さ

10mですから、祖谷のかずら橋の方が長さも高さも4m上回っています。

iya3.jpg

iya4.jpg

奥祖谷二重かずら橋の床板は平面でしたが、こちらの方は床板の角が

丸みを帯びてスリルを感じました。

たぶん作られた当時は、丸太であったと考えます、

又、奥祖谷二重かずら橋はワイヤーで床板を支えているが、

祖谷のかずら橋はかずらで支えています。

もちろん、祖谷のかずら橋も重要な箇所ではワイヤーを目立たないように

使用しています。

iya5.jpg

iya6.jpg

祖谷のかずら橋から祖谷渓谷を眺める。

iya8.jpg

重要有形民俗文化財として国から指定されています。

橋は一方通行になっており、料金は大人550円、子供350円です。

iya9.jpg

iya10.jpg

iya11.jpg

祖谷のかずら橋を渡ったすぐ先に琵琶の滝があります。

昔、平家落人が京の都をしのび、この滝で琵琶をかなで、つれづれを

慰めあっていたことから名付けられたと言い伝えられている。

高さは50mです。

awaikeda.jpg

私たちは阿波池田駅で車を降りて、娘夫婦は徳島市の実家に寄り

徳山阿波おどり空港から東京へ帰ります。

私たちはJR土讃線で高松まで行き、その足で栗林公園へ

向かいます。

ticket.jpg

posted by porigucci at 13:14| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

天空の村かかしの里を通る

奥祖谷二重かずら橋から祖谷のかずら橋へ車を走らせていると

人形が道路沿いにたくさん置かれていたのでびっくりする。

それは東祖谷の天空の村かかしの里という限界集落でした。

okuiya12.jpg

okuiya13.jpg

okuiya14.jpg

okusoya28.jpg

その人形の数は、集落の人数(約40人)より多い約100体に上る

というから驚きました。

人口減少社会の中における「限界集落」の現実を浮き彫りにしている

だけに、見方によっては怖ささえ感じられました。

時間がなかったので、すぐさま祖谷のかずら橋へ向かいました。

posted by porigucci at 19:08| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする