2016年03月23日

雪塩ちんすこうを食べる

先週、沖縄旅行で買ってきた琉球銘菓「雪塩ちんすこう」

をコーヒー飲みながら食べています。

chinsuko.jpg

妻が色々なちんすこうを試食して、その結果ミルク風味が

美味しいということで購入しました。

chinsuko2.jpg

雪塩といっても、甘さを引きたてるために使用している

ので塩味は強くありません。

chinsuko3.jpg

甘さ控えめで塩味がほんのり効いた、上品で豊かな

味わいのあるちんすこうです。

ちんすこう(金楚糕)とは、琉球王朝時代から

沖縄県で作られている伝統的な菓子のひとつ。

小麦粉、砂糖、ラードを主原料とした焼き菓子。

甘さが控えめでビスケットのような食感です。

金楚糕は、黄金色に輝き(金)、ほどけるような口当たり(楚)

の焼菓子(糕)という由来を持つ。

posted by porigucci at 14:44| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする