2016年01月22日

とうふひねり餅を食べる

湯布院のお土産、「とうふひねり餅」を食べる。

ひねり餅の生地はもちもちして柔らかい。

しかし、餅にとうふが入っているとはいえ、

とうふのようなソフトな食感はありません。

このひねり餅は甘さが控えめであるために、

つい食べ過ぎてしまう。

tohu hinerimochi.jpg

包装紙に湯布院の味な蔵と明記さている。

tohu hinerimochi2.jpg

ひねり餅は日本酒用語で粳(うるち)米を蒸して手でひねって

つくった餅。

元来, 清酒の醸造過程で原料米の蒸し加減をみるために、

その一部をとり手でひねりつぶし餅状にしたもの。

tohu hinerimochi3.jpg

明日の北九州市は気圧の谷の影響で雨や雪が降るそうです。

そして勝山公園で小五の孫の持久走大会が予定されており、

応援に行ってきます。


posted by porigucci at 22:39| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする