2015年04月30日

松江城を仰ぐ

玉造温泉から松江城へ寄ってみる。

この日も昨日につづき小雨が降っていました。

matsue.jpg

松江を訪れるのは今回で3度目で、シンボルである松江城

を仰ぐのも久しぶりです。

matsue2.jpg

小倉城と同じく野面積みの石垣が美しい。

matsue3.jpg

凛々しい騎乗姿の松平直政公の銅像。

matsue4.jpg

matsue5.jpg

matsue6.jpg

弓を持つうしろ姿が何とも格好いい!

もっと時間をかけて松江に滞在したかったのですが、

安来市の足立美術館へ向かう。


posted by porigucci at 19:43| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

長楽園の混浴露天風呂に浸かる

出雲大社の参拝を終えてから玉造温泉・湯之助の宿「長楽園」に

到着したのが午後7時頃でした。

私も妻も玉造温泉で宿泊するのは初めてです。


chorakuen.jpg


chorakuen2.jpg

湯之助の宿「長楽園」の玄関(車寄せ)。


chorakuen3.jpg

4階の部屋から眺める玉造温泉の風景。

大きなホテルや旅館がたくさん建ち並んでいます。


chorakuen4.jpg

日本庭園の中には離れの客室や山荘があり、その山荘の特別室に

昭和天皇も御宿泊されたそうです。


chorakuen5.jpg

アメリカの庭園雑誌で長楽園は日本庭園のランキング17位に

ランクインされています。

因みに1位は足立美術館(鳥取県)です。


chorakuen6.jpg

その美しい日本庭園に囲まれる環境に日本一混浴大露天風呂があり、

入り口は男女別々となっています。


chorakuen7.jpg

誰も入っていない朝風呂の時にタイミングよく撮影する。

明るい朝もよいが、夜は夜で間接的にライトアップされて

とても雰囲気がよい。


chorakuen8.jpg

若いカップルや熟年の夫婦、そして私も妻と肩を並べて湯に浸かる

ことができ嬉しかった。

また、老夫婦との露天風呂談義に花が咲きとても楽しかった。


chorakuen9.jpg

露天風呂の正面にクスノキがあって、夜はそのクスノキにライトアップ

が施され幻想的な世界に包まれる。

chorakuen10.jpg

旅館内には有名画家の作品がロビーをはじめたくさん

飾られており、まるで小さな美術館にいるかのような錯覚に

とらわれる。

特に玄関ロビー正面には、東山魁夷の唐招提寺障壁画が

展示されていました。

chorakuen11.jpg

食事処の壁には著名な画家の絵画が10点ほど架けられています。

tyorakuen.jpg

長楽園の朝ごはん。

かまぼこ(あご野焼き)のお皿には焼き海苔が置かれていました。

味噌汁は宍道湖しじみの赤だし汁です。

tyorakuen2.jpg

chorakuen12.jpg

chorakuen13.jpg

chorakuen14.jpg

旅館を出るときに、潤い成分の硫酸イオンとメタケイ酸が豊富に

含まれている美肌・姫神の湯をペットボトルに汲んで持って行きました。

もちろん、飲用もOKということで一杯飲んでみました。

これから、松江市内を巡ってから今回の旅行のメインである

足立美術館へ向かいます。

posted by porigucci at 21:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

出雲大社に立ち寄る

世界遺産の石見銀山大森地区を散策してから出雲大社に

立ち寄りました。

私は出雲大社での参拝は今回で5度目で、妻は2度目です。

izumo.jpg

駐車場からお土産屋さんの方へ歩いて行くと巨大な注連縄の

建物が目にとまります。

初めて来られた方は、ここが拝殿と勘違いしてしまいます。

ここは拝殿ではなく神楽殿(かぐらでん)です。

izumo2.jpg

福岡県の宮地嶽神社の大注連縄と比べると、どちらが大きいのだろうか。

izumo3.jpg

izumo4.jpg

おみくじがたくさん結びつけられています。

izumo5.jpg

izumo7.jpg

大国主大神が祀られている本殿は大社造で国宝に指定されています。

izumo8.jpg

参拝する前に手水舎(てみずや)で手を清めます。

全国的に有名な神社にしては手水舎は小さい。

izumo9.jpg

こちらが拝殿で、戦後最大の木造神社建築です。

神社の拝礼はニ拝、二拍手、一拝が一般的ですが、ここ出雲大社は

ニ拝、四拍手、一拝となります。

izumo10.jpg

こちらは本殿を参拝するための八足門(やつあしもん)です。

izumo11.jpg

祓橋(はらいのはし)と呼ばれる太鼓橋から境内まで松並木が

続いています。

izumo12.jpg

izumo13.jpg

参拝を終えたあとに、駐車場近くのそば屋「八雲」で出雲蕎麦を食す。

そして、一泊目の玉造温泉・湯之助の宿「長楽園」へ向かいます。


posted by porigucci at 20:16| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

石見銀山「げたのは」を食べる

arimakoedo.jpg

大森を散策していると、石見銀山「げたのは」という表示板を

目にする。

聞けば大森で唯一のお菓子屋さんであるという。

私はTV番組の「出没!アド街ック天国」で有馬光栄堂さんを

知っておりました。

店内に入ると、芸能人のサイン入りの色紙がたくさん飾っていました。

中でも、ご主人は酒井和歌子さんの大ファンということで、写真も一緒に

撮られていました。

getanoha.jpg

getanoha2.jpg

名前の由来は、「げたのは」を2枚持ってお互いを軽くぶつけ合うと

下駄を履いて歩くときのようにカランカランとする音が似ている

ことから付けられたそうです。

getanoha6.jpg

getanoha8.jpg

getanoha9.jpg

「げたのは」は軽い食感でほどよい甘さでおいしかったです。

getanoha10jpg.jpg

ohmori.jpg

今回、大森の町を初めて訪れましたが、写真のようなノスタルジックな

風景をたくさん見ることができとても楽しかった。


posted by porigucci at 19:53| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

暮らす宿「他郷阿部家」の庭

群言堂本店を出て歩いていると、暮らす宿「他郷阿部家(たきょうあべけ」

と書かれた瓦を目にする。

abeke.jpg

ここは武家屋敷であった建物を群言堂さんが譲り受けて改装し

暮らす宿にしたものです。

abeke2.jpg

abeke3.jpg

abeke4.jpg

abeke5.jpg

abeke6.jpg

他郷阿部家のホームページ http://www.takyo-abeke.jp/

posted by porigucci at 21:18| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする