2014年05月03日

赤間宮で花魁道中を見る

今日はJR門司駅から電車で下関市に行ってきました。

目的は赤間宮(赤間神宮)で花魁道中(上臈道中)を見物する為です。

ご覧のように下関市は絶好のお祭り日和です。

simonoseki.jpg

子供の頃、祖母から「関の先帝 小倉の祇園 雨が降らねば金が降る」

と聞かされていた関の先帝(先帝祭)の見物に初めてやってきました。

因みに先帝祭(せんていさい)は先帝(安徳天皇)を偲ぶ祭りです。

akamajinguu.jpg

13時からの開始ですが、すでに多くの見物客が列を成していました。

akamajinguu1.jpg

まるで竜宮城のような赤間神宮の水天門。


下関の先帝祭.jpg

吉原の花魁に模した太夫が禿(かむろ)、上臈、稚児、警固(けいご)らを

従え、外八文字を踏んで歩く。


下関の先帝祭U.jpg

写真では分かりにくいのですが、外八文字を踏んでいる場面です。

akamajinguu5.jpg


akamajinguu6.jpg

豪華で艶やかな衣装を纏った上臈の後ろ姿。

akamajinguu7.jpg

地元の子供たちが笛や太鼓のお囃子を披露していました。

これから唐戸市場へ向かって、関門連絡船で門司港(北九州市)

へ渡ります。

posted by porigucci at 21:04| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする