2014年01月14日

高塚愛宕地蔵尊までドライブする

昨日、長女の家族と高塚愛宕地蔵尊(大分県日田市)まで

ドライブに行ってきました。

長女が昼頃になって、いきなり高塚地蔵にお参りしたい

と言いだして行くはめとなりました。

takatsukajizo.jpg

東京・浅草寺のようにろうそくとお線香をお供えして

お参りしました。

信じる信じないはともかくとして、

子どもの頃におじいちゃんやおばあちゃんから

線香の煙を頭に当てると頭がよくなるとか、

或いは身体の悪い部分に煙を当てると治る

という風に言い聞かされてきたものです。

それで、孫たちにも「線香の煙を頭に当てると頭がよくなるよ」

と言うと一生懸命に両手で煙を頭に引き寄せていました。

そのしぐさがとても可愛らしく笑ってしまった。

そして、所定の用紙に願い事を書いて奉納しました。

孫たちも勉強ができるようにとか、サッカーがうまくなるように

と書いていました。

たくさんの願い事で多いのは、

やはり受験シーズンなので志望校の合格祈願や家内安全、

健康祈願、良縁祈願などがありました。

その中で目についたのは、

家を修繕したいので宝くじが当たりますように!

というものもありましたよ(笑う)。

参道沿いのお土産さんで飲んだ唐辛子入りの椎茸茶がとても

美味しかった。


posted by porigucci at 23:08| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

豪華千年壽で乾杯!

12日の日曜日は長女の婿殿の誕生パーティが

開かれました。

それで、お歳暮でいただいた超特撰 黒松白鹿 豪華千年壽という

銘柄の日本酒で乾杯しました。

kuromatu hakushika.jpg

kuromatu hakushika2.jpg

もちろん、純米大吟醸ですから冷や酒でワイングラスに注ぎ、

舌でじっくりと味わいながら飲み干しました。

因みに、超特撰 黒松白鹿 豪華千年壽は

2007年〜2008年度は2年連続モンドセレクション金賞受賞。

そして2009年〜2011年度は3年連続モンドセレクション最高金賞に

輝いています。


posted by porigucci at 23:33| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒で乾杯!

12日の日曜日は長女の婿殿の誕生パーティが開かれました。

それで、お歳暮でいただいた超特撰 黒松白鹿 豪華千年壽という

銘柄の日本酒で乾杯しました。

kuromatu hakushika.jpg

kuromatu hakushika2.jpg

もちろん、純米大吟醸ですからワイングラスに注ぎ、その冷や酒を

舌でじっくりと味わいながら飲み干します。

因みに、超特撰 黒松白鹿 豪華千年壽は

2007年〜2008年度は2年連続モンドセレクション金賞受賞。

そして2009年〜2011年度は3年連続モンドセレクション最高金賞を

受賞しています。



posted by porigucci at 23:26| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

ぽてたまごを食べる

正月に帰省していた次女からの東京みやげ、

「すぃーとぽてたまご」を食べています。

「すぃーとぽてたまご」は、「ごまたまご」で有名な

銀座たまやのお菓子です。


potetamago.jpg

potetamago2.jpg

potetamago3.jpg

potetamago4.jpg

potetamago5.jpg

potetamago6.jpg

黄色の餡は徳島県産の鳴門金時を焼き芋にして、

バターやクリームを加えているという。

その餡を紫芋を混ぜ入れたホワイトチョコと

小麦粉のカステラ生地をたまごの形でくるんだお菓子です。

「ごまたまご」も美味しいが、私はどちらかといえば

「ぽてたまご」のほうが好みです。

妻も「ぽてたまご」のほうが美味しい言っていました。




posted by porigucci at 12:25| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

「ぶらぶら美術・博物館」は楽しみだ!

今日も寒い一日でした。

週末の金曜日は、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」を

毎回楽しみに見ています。

本日は、千葉市にある大人気の写実の殿堂・ホキ美術館の

収蔵作品に目を奪われました。

美術ファンであれば御存知かと思いますが、

ホキ美術館は日本初の写実絵画専門美術館です。

写実絵画の魅力は、画家が見たままに、

まるで写真撮影したかのように描いているからです。

それも、油絵の具でこつこつと緻密に描かれているから

驚いてしまった。

また、ホキ美術館の建物もモダンで作品の陳列の仕方も

素晴らしく人気を博していることが納得できました。


それに比べ、見晴らしのよい小高い山の丘陵地にある

北九州市立美術館もひと工夫ほしいと願うのは

私だけであろうか。




posted by porigucci at 22:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする