2013年09月11日

黒米入りご飯を食べる

きょうの弁当は黒米入りのご飯でした。

黒米入りのご飯は赤飯のようにもちもちとした

食感がしてたいへん美味しい!

そして、お気に入りの小さな梅干しが2粒入っています。

kuromai3.jpg

kuromai4.jpg

小粒の梅干しは、孫も大好きである。

kurogome.jpg

黒米は糠にビタミンB、ビタミンEや、リン・カルシウムなどのミネラルを含み、

摂取することで滋養強壮作用がもたらされるといわれている。

また、白米や赤米よりも高い抗酸化機能を持つという。

kuromai2.jpg

kurogome2.jpg

あなたも一度、赤飯のように美味しい黒米入りご飯を

食べてみてください。

きっと、お気に入りとなりますよ。


posted by porigucci at 22:20| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

自転車でめぐる小倉の風景

今日もよい天気でしたが、昨日の日曜日もよい天気でした。

それで孫たちと自転車で小倉の街をめぐりました。

kokura.jpg

風がほとんど吹いてないので、新日鉄住金の高層煙突の白い煙も

青空にまっすぐ伸びています。


kokura1.jpg

岸壁には釣り人がいて、孫たちはどんな魚が釣れるのだろうか

と海面を覗き込む。


kokura2.jpg

新幹線小倉駅北口にほど近い「あさの汐風公園」。

ここから新日鉄住金の高炉や高層煙突を望むことができます。

kokura3.jpg




kokura4.jpg




kokura5.jpg

北九州国際会議場の中庭。

建物は建築家磯崎新氏による設計です。


kokura6.jpg

自転車に乗った自分の姿がガラスに映っているのでパシャリと

シャッターを切る。

自転車は娘のママチャリで乗り心地はよくない。


kokura7.jpg

同じく自転車をこぐ孫の姿を写す。

これから、気候がよくなるので孫たちと自転車で小倉の街を

あちこち見てまわるのがとっても楽しい!

posted by porigucci at 21:53| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

オリンピックが東京にやってくる!

本日、2020年夏季オリンピック開催地が東京に決定した

ことで、日本国内が喜びに満ち溢れていると思われます。

決定の瞬間は夢枕の中だったのですが、目が覚めて

枕もとに置いてあるラジオで知ることができびっくり

しました。

一時は、福島原発の汚染水漏れと柔道界をはじめとする

体罰問題でダメかと思ったのですが、

東京に決定!と聞いた瞬間に嬉しい気持ちでいっぱいになり

感動してしまいました。

このように感動した気持ちになれたのは久しぶりである。

今回、東京オリンピック招致に携わった多くの関係者の

ご尽力に感謝を申し上げます。

にっぽん万歳!

posted by porigucci at 10:40| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

小倉の検診センターへ健康診断に行く

今日の朝、小倉の検診センターへ健康診断に行ってきました。

もちろん、前もっての予約制です。

2日分の検便(キット)を持参します。

健康診断はレントゲン撮影、胃透視、尿検査、聴力検査、心電図、

身長・体重測定、血圧測定、採血、視力検査、研修医と思しき

若い医師による簡単な診察で終了です。

一番やっかいなのは、バリウムを飲まなければならない胃透視である。

放射線技師による右を向いて、左を向いて、腹ばいになって、

腰を少しねじってなど、様々な格好をさせられるのが嫌である。

以前は採血も嫌だったが、最近は採血針の進化が著しく向上して、

痛くなくなったことです。

所要時間は1時間位でした。

検査結果は1週間位して会社に届けられます。

その結果、異常があれば専門医で再検査をしなければなりません。

あなたは健康診断に行きましたか。

posted by porigucci at 22:30| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

トトロの宮崎駿監督が引退表明

本日、アニメの巨匠宮崎駿監督が引退表明をされたのをうけ、

そのニュースが国内はむろん、世界を駆け巡りました。

あの中国でさえもテレビニュースで流していたほどで

内心驚いた。

それだけ宮崎駿監督の作品が国境を越えて

評価されていたのだと深く認識した次第です。

私も子どもや孫たちと一緒に、多くの宮崎駿作品を観賞すること

で童心に戻った気分になり、大いに楽しむことができました。

宮崎駿監督、本当にありがとうございました。

posted by porigucci at 23:38| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする