2013年02月14日

東京銀座の「ショコラバターの木」は美味しい

東京銀座・銀のぶどうの「ショコラバターの木」が美味しかった。

ただし、「ショコラバターの木」はバレンタインデーで

もらったものではなく、職場の後輩から東京みやげとして

いただいたものです。

Chocolat.jpg

Chocolat2.jpg

Chocolat3.jpg

Chocolat5.jpg

  Chocolat6.jpg




posted by porigucci at 23:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

今日はバレンタインデー・イブです

明日はバレンタインデーですので、

今日はクリスマス・イブにならってバレンタインデー・イブ

ということになります。

というのも、クリスマスはクリスマス・イブのほうが華やか

だからです。

ですから、バレンタインデーも前日のバレンタインデー・イブ

のほうを華やかなものにしなければなりません。

むろん、吾輩などはバレンタインデーなんてまったく関心はありません。

恋人のほしい人はふられてもいいから、本当に好きだと思う人に

真心のこもったプレゼントをされてはどうでしょう。

ただし、口頭で「あなたが好きです」とは言いにくいので、

プレゼントに手紙を添えておくことが最善です。

たとえ失敗しても、落ち込まないことです。

自ら行動してうまくいかなかったわけですから

悔いはないと思います。

posted by porigucci at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

ペットボトルを湯たんぽ代わりにすると最高!

ラジオでりんぼう先生こと作家の林 望(はやし・のぞむ)さんが

ペットボトルを湯たんぽ代わりにしていると聞いた。

それで昨晩、2リットルのペットボトルに熱湯(70〜80度くらい)を

入れて試してみたところ大変温かくて心地よかった。

先ず、就寝する1時間前に布団の足元に入れておく。、

そして布団の中に入ってからその湯たんぽ代わりのペットボトルを

お腹にのせ、次に太もも、両腋、股のあいだにはさんで温めると

最高に気持ちがいい!

もし、あなたがお試しするときはペットボトルのキャップをしっかり

閉めてください。

熱いと感じた場合はタオルを捲いてください。

そして低温やけどにはくれぐれも気をつけてください。

万一事故がおきたときは自己責任ですのでくれぐれも

注意してください。

因みに熱湯は浴室や洗面ボウルの水栓から入れています。

また、ペットボトルのお湯は朝の洗顔に使用し、

残りは洗濯機の水として利用しています。


posted by porigucci at 23:51| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

冬はアラジンストーブの青い炎で過ごす

3連休もあっという間に終わってしまいました。

今回の3連休はどこにも行かずに、ビデオテープ(VHS)で

録画していたお気に入りものをブルーレイディスクにダビングする

ための作業に費やしました。

いつも、やらなければいけないと頭で思いつつも先送りしていたのです。

冬の寒い時は、家の中でアラジンストーブの青い炎を見ながら

本を読んだり写真の整理をしたりして一日を過ごすのも悪くないですね。


   aladdin.jpg

アラジン ブルーフレームヒーター


posted by porigucci at 23:24| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

北九州市が誕生して50年です

本日、2月10日は北九州市が誕生して50年を迎えます。

1963年(昭和38年)に門司市・小倉市・戸畑市・八幡市・

若松市の5市が合併して北九州市としてスタートを切ったのです。

人口は最高107万人であったが、産業構造の転換に乗り遅れ、

現在は97万人である。

北九州市は九州本島のの玄関口であることから、

交通に関しては非常に利便性が高いと思われる。

具体的には北九州空港や新幹線(JR小倉駅)、それに関西や

四国行きのフェリーや高速バスも運行しているからです。


kitakyusyu50.jpg

新日本三大夜景の皿倉山(八幡西区)から小倉や門司方面を望む。

2 kitakyusyu50.jpg

同じく八幡東区や戸畑区を、遠くには山口県下関市を望むことができます。

3 kitakyusyu50.jpg

同じく八幡西区や若松区、そして響灘を望む。

このように北九州市の景観は山あり海ありの自然があり、

そして変化のある地形をしたおもしろい街です。


posted by porigucci at 22:09| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする