2012年02月03日

福は内!2月3日は節分です

福は内!2月3日は節分です。

では、節分について少しだけ勉強いたしましょう。

節分は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬」の

前日のことを言います。

ですから本来、節分は年に4回なのですが、

それが室町時代あたりから

立春の前日だけになったと言われています。

なぜなら、春を迎えることが新しい年を迎えること

であり、最も重要だったからです。

昔は、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと

考えられていました。

中でも重要なのは、年の分かれ目です。

旧暦では新年が春から始まるため、

立春の前日の節分は、大晦日に相当する

大切な節目だったのです。

節分の豆まきは、災いをもたらす鬼を追い払い、

新年に福を呼び込むための行事です。

大豆には霊的な力が宿ると信じられており、

神様への供え物としても使われています。

むかし、むかし、京都鞍馬山に鬼が出たとき、

毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて

退治したという逸話があり、魔の目(魔目=まめ)に

豆を投げつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。

鬼は真夜中にやってくるといわれ、豆まきは

夜のほうが効果的であるそうです。

また、できるだけ家族全員揃って行いましょう。

豆のまき方は、窓を開けて「鬼は外!」と外へ向かって

2回まき、鬼が戻らないようすぐに窓を閉めてから、

「福は内!」と室内に2回まきます。

奥の部屋から順番に、最後は玄関までまいて、

家中の鬼を追い出します。

豆まきの豆は、神様の力が宿るように、

神棚にお供えししたものを用いるとある。

神棚がなければ、タンスなど目線よりも高いところに

白い紙を敷いてお供えしてもよいそうです。

豆まきがすんだら、1年間無事にすごせるよう、

自分の年齢よりもひとつ多く豆を食べましょう。

福豆を食べることで邪気を祓い、病に打ち勝つ力も

ついて、福を呼ぶとされています。

ひとつ多く食べる理由は、数え年で行うからです。
posted by porigucci at 23:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする