2012年01月18日

FMラジオから「春の海」が流れてきた

FMラジオから「春の海」が流れてきた。

「春の海」といえば、お正月に神社や食事処などで

よく聴かれる宮城道雄の有名な筝曲(そうきょく)である。

筝(そう)とは日本の伝統楽器で一般に琴と呼ばれているが

正式には筝である。

その筝曲である「春の海」を、エマニュエル・パユのフルートと

安楽真理子のハープによるアンサンブルを初めて聴いたが、

違和感なくとても新鮮であった。

ときには、「春の海」のような日本的な音楽を聴くのも

乙なものですよ!

posted by porigucci at 23:59| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする