2012年01月25日

時のない世界に二人は行くの

「時のない世界に二人は行くの」と歌っているのは

いま海外で大反響を呼んでいる由紀さおりである。

もちろん、その歌詞は「夜明けのスキャット」の一部分である。

先ほどNHK総合テレビでSONGS「由紀さおり in ニューヨーク」

という番組を見ました。

夜はながれず  星も消えない

愛の唄  ひびくだけ

と歌はつづきますが、私のみならずあなたも

「時のない世界に」たまには行ってみたいと思いませんか。

posted by porigucci at 23:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

風のモニュメント「銀河の舟」も揺れていた

  銀河の舟.jpg

今日の小倉(北九州市)はときおり小雪が舞う寒い一日であった。

風の橋「中島橋」に取り付けられているモニュメント「銀河の舟」

も大きく揺れている。

風のモニュメント「銀河の舟」は、新宮晋氏の作品である。

新宮晋氏といえば風や水で動く彫刻で世界的に知られている。

私が風の彫刻家といわれる新宮晋氏を知ったのはNHKの

日曜美術館であった。

それまではまったく無縁の人物でした。

それにしても今週は全国的にきびしい寒さにさらされています。

明日はひょっとして北九州も雪が積もるやもしれません。

posted by porigucci at 23:33| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

「古代福米」というお米は美味しかった

  古代福米.jpg

本日、東京の次女が送ってくれた青い森の力「古代福米」という

銘柄のお米を電気炊飯器で炊いてみました。

炊き上げたごはんはふっくらとツヤがあってたいへん美味しかった。

この「古代福米」は料理研究家の辰巳 芳子さんが推薦している

お米である。

ふだん我が家は生協で購入している福岡県産の「ひのひかり胚芽精米」を

食べている。

健康には玄米がよいといわれているが今のところ胚芽米を続けている。

そして胚芽米に黒米や麦などの雑穀米を混ぜることもあります。

posted by porigucci at 23:29| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

武蔵と小次郎が戦った厳流島へ行く

厳流島行きの遊覧船が半額(往復で大人400円、小学生は無料

でラッキー!)ということで乗ってみることにした。

ちなみに武蔵と小次郎が戦った巌流島への上陸は初めてである。

 2751.jpg  2831.jpg

右の写真の黒いタワーは海峡ゆめタワー。

 2851.jpg  2881.jpg

唐戸桟橋から片道8分で厳流島に到着。

 2921.jpg    2931.jpg

小さな島だと思っていたが広場などがあり意外と広いものだ。

右の写真は佐々木小次郎の碑である。

 2941.jpg  2991.jpg

ここからの関門海峡の眺めはすばらしい!

 3061.jpg  3031.jpg

決闘シーンをイメージした宮本武蔵と佐々木小次郎の銅像。

    3091.jpg      3131.jpg

    3201.jpg    3221.jpg

このような小船で武蔵が乗ってきたのだろうか

と歴史とロマンを感じさせる。

 3301.jpg  3351.jpg

散策路がきれいに整備され休憩所もある。

 3331.jpg  3371.jpg

下関市彦島にある三菱造船所。

 3601.jpg  3411.jpg

なんと野生?のタヌキが住んでいるではないか。

孫たちもびっくりで、盛んに可愛いを連発。

 3451.jpg  3511.jpg

武蔵と小次郎についての解説絵図が掲載されている小屋がある。

 3471.jpg  2871.jpg

21日の土曜日はほんとうに天気がよく男の子二人の孫たちと

楽しい休日を過ごすことができました。

posted by porigucci at 18:40| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

門司港から渡船に乗って下関へ

今日は久しぶりに二人の孫たちを道づれに門司港へ遊びに行ってきた。

21日といえば、二十四節気で最も寒いころとされる「大寒」です。

しかし、ご覧のように関門海峡は暖かくてよい天気であった。

 2461.jpg 2611.jpg

孫たちに渡船に乗りたいとせがまれ乗る羽目に。

孫たちは渡船に乗る時は決まって最後尾に陣取ります。

その理由は船が白波を立ててものすごい勢いで走るので

スリルがあっておもしろいようだ。

しかし、春・夏であれば涼しくて気持ちがよいが冬は

風が強烈に冷たいのでたいへんである。

 2631.jpg 2681.jpg

右の写真の朱色の神社は壇ノ浦の合戦にゆかりの赤間宮である。

 3681.jpg    3621.jpg

 3631.jpg 3641.jpg

市立しものせき水族館「海峡館」に陳列されているシロナガスクジラ

の全身骨格標本で長さは30mもあるのだ。

 3661.jpg 3671.jpg

本州(山口県)のしものせき水族館「海峡館」から眺める

関門海峡と九州(福岡県)の山々。


posted by porigucci at 23:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする