2011年11月14日

由紀さおりがアメリカで大ブレーク

今、由紀さおりがアメリカで大ブレークしている

というから驚きである。

それも、アメリカのジャズオーケストラグループ、

ピンク・マルティーニとのコラボレーション・アルバム

「1969」が海外で高く評価されているそうだ。

2011年11月2日付のiTunesジャズ・チャート

及びカナダiTunesチャート・ワールドミュージックで1位、

ギリシャのIFPI総合アルバム・チャートで4位、

シンガポールのHMVインターナショナル・チャートでは

18位を獲得している状況。

因みにアルバム「1969」はタイトル通り

1969年にヒットした楽曲のカヴァー・アルバムである。

由紀さおりとピンク・マルティーニとの出会いのきっかけは、

ピンク・マルティーニのリーダーが地元ポートランドの

中古レコード屋で由紀さおりの1stアルバム「夜明けのスキャット」

(1969年発売)のアナログ盤を発見したことに始まったそうです。

そして由紀さおりの透明感のある歌声に魅了されたのである。




posted by porigucci at 21:48| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする